倉敷小町のこと

『安心・安全な野菜を年中いつでもお届けしたい!』

そう思い立った私たち。その想いがカタチになるまでの道のりを少し、お話しさせてください。

異常気象による被害、
そして価格高騰 

昨今の異常気象、大雨・猛暑・極寒・豪雪、その被害を受け、 頭を悩ませる人は多いのではないでしょうか。
農業も例外ではありません。
畑や田んぼが被害を受けた年には不作になります。
その結果、野菜は不足し、値段は高騰。
スーパーでいつもは手に取っていた野菜が高くて手が出せなくなった。
そんな経験をお持ちなのではないでしょうか。

見えてきた一つの解決策

年中、異常気象の影響を受けずに野菜を安定的に作るにはどうするか?
その解決策の一つが『室内栽培』です。
建屋の中で風雨をしのぎ、太陽の光の代わりにはLEDを、 ついでに温度管理をして、年中最適な環境。
おまけに室内なので虫も入ってこないから、農薬も必要無し。
『無農薬で安心・安全、異常気象も関係なしの安定生産、年中お届け』 一つの解決策ができました。

研究に没頭する日々

場所は、岡山大インキュベータ105号室。
研究員2人は、この居室に室内栽培研究室を構え、研究に没頭しました。
野菜には、盆も正月も関係ありません。
野菜は人間の生活リズムには合わせてくれません。
機嫌が悪く、上手に育ってくれないこともしょっちゅう。
そうこうする内に、ようやく栽培方法を確立しました。
倉敷小町の礎の誕生です。

メイドイン倉敷を、
たくさんの人に。

倉敷市役所から徒歩3分、 倉敷駅前のメイン道路の脇に、小町工場はあります。
もっともっとたくさんの人に “うれしい”そして“おいしい”の感動を。
ここ倉敷から、岡山大インキュベータ発の安心・安全、無農薬の 倉敷やさい『倉敷小町』を年中無休でお届けいたします。
室内で優しく丹精込めて作った野菜を是非ご賞味下さい。