倉敷小町のこと

小町工場の4つの特徴

01.
無農薬

閉鎖した室内のため
害虫の侵入がないので
農薬は不必要です。

02.
安定生産

季節や天候に左右されないため
一年中計画生産が行えます。
安定した供給が可能であり
価格の変動もありません。

03.
安定品質

光や温度を制御し
安定した品質の
野菜を生産します。

04.
衛生的

室内の水耕栽培なので
土が付着する心配がなく洗わずに
お召し上がりいただけます。

小町工場を支える“人”

「倉敷小町」営業リーダー

植物工場産の野菜“だからこそ”
提案・提供できる価値は
まだまだあると思っています。

現在の仕事内容

お客様からご要望頂いた野菜の種類、量を工場の出荷可能量と調整しながらお納めしています。また、珍しい野菜や限られた時期にしか収穫できない野菜の生産希望など、お客様からいただく様々なご要望にお応えすべく新品種の試験栽培も行っています。

植物工場産の野菜だからこそ提案・提供できるような価値はまだまだあると思っています。年中通しての安定供給・均一価格のメリットのほか、「洗わずに使えるため工程の削減を図れる」「日持ちが良いので在庫計算が容易」といった、お客様特有のメリットも日々ご提案しています。

倉敷小町の目指すもの

『倉敷』ブランドの野菜を、ここ岡山・倉敷で、ひいては西日本、日本全国、そして世界の食卓で味わっていただきたい。わたしたちの小さな挑戦の積みかさねが大きなインパクトを生むことを信じて、これからも研究・開発を続けていきます。

「倉敷小町」栽培リーダー

毎日の食卓を彩る倉敷小町の野菜。
工場を生産拠点としながらも
その先の「人」を日々想い
「人」の手によって、大切に育てています。

現在の仕事内容

工場内での1日の作業予定の組立、各作業員の方への仕事の割り振りや指示出し、種や肥料の管理を行うと同時に、作業員の方に混じって実作業も行っております。

稼働当初は野菜が思うように大きく育たず、お客様にもその点を指摘され悔しい思いをしたこともありました。その後、栽培環境や日数の調整によって、「いいね」と言ってもらえるものを安定して作れるようになりました。それでも現状に満足することなく更なる試行錯誤を重ね、たくさんの方に「おいしい!」をお届けできるよう日々奮闘しています。

大切にしていること

植物『工場』とはいうものの、「人の目」や「人の手」が係る部分はもちろんあります。生産効率を求めながらも食卓のその先の「人」たちを日々想い、「安心」して手にとってもらえる野菜づくりを大切にしています。